--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006. 05. 31  
SGⅡ主翼、2枚目パッキングが終わった、
接合前重量は、93g、ドレラ博士の設計重量をクリアした、
SG2-2k.jpg

SG2-K1.jpg

ランチ強度は出ている、問題は耐久性、
何回のランチで剥離が起きるか、20回か100回か
昔、ヨットレースでしたワンレガッタ:セール(1回のシリーズレース
さえセール形状が保てばいい軽いセールで戦う)の考え方と割り切ればいいか、
剥離が起きたときは、早めにレジンを軽く塗りこめば治まるし、
この路線でしばらくは行ってみよう。
スポンサーサイト
2006. 05. 29  

20060211190018.jpg

この機体の操縦性向上のため尾翼を作り替えることに、

20060529185145.jpg

20060529185135.jpg

強度、重量共充分なものが出来た、
6月のサンワ杯はこれで行こうかな、
早く作り上げてチューニングしなければ、
2006. 05. 24  
ポットの作り方で、質問が来ました、
いつも失敗ばかりしているので参考になるか判りませんが、

大体の大きさに切ったクロスを用意
カーボンクロスは上下別々にし、横方向の強度を出すため
サイドで重ねるようにする
20060428161206.jpg

マイクログラスのテープも用意する、このテープは色々使い道があるのでまとめて作ってある、
20060126160808.jpg

型の上に薄く樹脂を塗りアラミドクロスを張り付ける、
その前に、ワックスを忘れずに、
カーボンクロスだけで作るとちょっとした衝撃でクラックが入ります、
次に、カーボンクロスを乗せますが、樹脂の使用量は出来るだけ少なく
します、多すぎると、ハラハラはがれてきます、
先端部分を黒糸もしくはカーボンロービングで縛ります、
先ほどのグラステープをぐるぐる巻き付け、はがれ止めにし
フードセーバーでパッキング、出来るだけしわをとっておきますが
多少の皺は無視、
20060428161313.jpg

硬化後、皺を荒磨き、最初は100番前後で大胆に、そうしないと平面が出ません、240番、400番と段々細かく磨きます、この時点でマイクログラスはかなり取れてしまいますが気にしない、樹脂が少なすぎるところがあったりカーボンを削りすぎてアラミドが大きく見えてしまったらその部分にカーボンを貼って再度パッキング、気に入るまでこの作業を繰り返しましょう、

磨きが終わったらよく切れるカッターナイフで切れ目を入れ
型の取り出し、取り出した後の修正は裏からしましょう、
20060430164847.jpg

切れ目を裏からグラステープで張り合わせ、
仕上げ塗装をして完成
20060509192705.jpg

2006. 05. 22  
軽量機が完成した、
3gサーボで完成させたが、ニュートラルが出ない、
6gサーボに悪戦苦闘のすえ乗せ変え、ようやく出来上がった
昨日の日曜初飛行、
今まで粘るのが精一杯だった弱いサーマルや
広がってしまったサーマルでもふわふわ揚がっていく、
何もない気流の時はランチ高度でやられるが
少し上昇気流がある状況だと、、、フフフ

全体写真
20060522174502.jpg

体重は、177g、翼面加重、8,85g
20060522174546.jpg

ノーズ部分
20060522174536.jpg

尾翼周り、
20060522174519.jpg

2006. 05. 21  
カーボン、アラミド機完成した、
樹脂の硬化が進み、ガチガチに
かなりのパワーで投げても大丈夫、
重量は、予想の範囲で収まった、
電池抜き重量、243g、
リポ450ma、+10g(253g)
ニッケル水素160ma、+16g(259g)
中央翼弦が広いので重心レンジが広い、
どちらの電池でも飛行可能、
これは強敵に、
渡すのを止めようかな、、、、
全体写真、
20060521192710.jpg

20060521192742.jpg

20060521192754.jpg

2006. 05. 16  
カーボン、アラミド機の部材がそろったので組み上げる前の
重量測定、まずは、接合後の主翼から
20060516184113.jpg

ポット、ブーム、
20060516184126.jpg

搭載メカ、
20060516184136.jpg

尾翼、12,2g
スタビライザー台座、1g
メカ取付部材、3g
主翼取付ビス他、2g
ランチペグ、2g
リンゲージ部材他、5g
予備、5g
合計、261,9g
翼面積、24,25d2 翼面加重、10,80g
人の機体なので、オーバークオリティにしてしまった、
重心が許せば、リポ使用で6gはダイエットできる、
後は、腕とランチ高度でカバーしてね、、、
2006. 05. 12  
パッキングしていた尾翼を取り出す、
樹脂をしごきすぎてへなへな、
使い物にならないので、作り直すことに、
今度は、実績のあるバルサで製作、3㎜バルサを
しこしこ削り、2時間かけて完成、やはり強度、
信頼性は、バルサか、重量も許容範囲、
20060512202203.jpg

2006. 05. 12  
頼まれていた主翼完成、
お約束の、体重測定、
今回カーボンクロスを68gにした、少し不安を
感じたので、エポキシ樹脂が多すぎたか、
98gのカーボンクロスを使った翼と比べても
少ししか軽くなっていない、
でも強度は、ガチガチ、次回はもう少し使用樹脂料を
減らすことにしよう、
20060512201826.jpg

20060512201835.jpg

2006. 05. 11  
尾翼の製作に取りかかる、
熱線で翼型に切り出せば良いのだが、
面倒なの、でこんなもんかな工法で行くことに、
スタイロホームを5㎜厚にスライス、
20060511183403.jpg

フィルムをテンプレートがわりにカット
20060511183434.jpg

カッターナイフで荒削り、
20060511183446.jpg

サンドペーパーでこんなもんかな翼型に仕上げ、、
20060511183457.jpg

補強を施しパッキング、
明日が楽しみ、、
2006. 05. 10  
連休中の出来事、グライダー作りはお休み、

今年の始め我が家の一員となったチャ(名前)を
海洋犬にすべく訓練に連れ出す、我が家に来たからには
この試練に耐えなくてはならないのだ、
20060510193849.jpg

ライフベルトに繋がれています、
20060510193925.jpg

帰り着いてほっと一息、
20060510193959.jpg

2006. 05. 09  
ポットとブームの接合をした、
つや出し塗装も終わっていい感じ、
20060509192653.jpg

20060509192705.jpg

2006. 05. 08  
4機分のクロスをまとめ切り、使用する機体を
間違わぬように、
20060508183307.jpg

カットするハサミは文具用の安物でOK、
高価なハサミを買わなくても、
ヤスリで目立てをすればアラミドクロスもスパスパ切れる、
20060508183607.jpg

2006. 05. 02  
現在製作中の機体、
20060502141942.jpg

総数、4機、
今月中に仕上げてしまわねば、
カーボンポットは必要量完成、
プロフィール

wizard2525

Author:wizard2525
RC飛行機製作所へようこそ!
ラジコン飛行機に興味を持たれた方大歓迎、
お問い合わせ、ご質問、お待ちしています。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。