--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006. 10. 30  
750クラスの尾翼製作、
いつものように、こんなもんか工法でデザイン、
2㎜のスチレンペーパーを切り出して、
一寸小さいかも、、、小は大をかねるのだ?
750-31.jpg

750-30.jpg

UDカーボンキュアシートで補強を施し、
750-29.jpg

埋め込み完了、後はエッジを薄く研ぎだし完成だ、
750-28.jpg

スポンサーサイト
2006. 10. 28  
miniのメカは、こんな感じで、
サーボ、受信機直付け、
750-25.jpg

パイプにテープ止め、、簡単、、、
750-24.jpg

重さは?
750-23.jpg

ノーズの型をバルサブロックで、
切り出しナイフでザクザクと、
750-22.jpg

750-21.jpg

シュリンクチューブでノーズポットの出来上がり、
750-20.jpg

750-26.jpg

750-27.jpg

2006. 10. 27  
昨日作った翼の前縁カーブが気に入らない、
平面形も気に入らないので作り替え、
前縁部は折り曲げ製作する事に、
裏側に鉛筆で筋をいれ、表側にヒンジテープを張り付ける、
こうしておかないと線の部分で割れてしまいます、
750-19.jpg

750-18.jpg

折り曲げて、カット、途中から中央部を広げてみよう、
下側は、幅を小さく、
750-17.jpg

750-16.jpg

750-15.jpg

後縁部をサンディング、
750-14.jpg

中央部のリブ、厚みは7%位になるように、
750-13.jpg

25%位のところにスパーを張り付け、
750-12.jpg

750-11.jpg

上側を慎重に張り付け、完了、断面はこんな感じ、
750-10.jpg

中央部を摺り合わせエポキシで接合、上反角は7.5度としてみよう、
750-9.jpg

一応、形になった、重量は、、、重いかも、
750-8.jpg

750-7.jpg

2006. 10. 26  
750ミニクラスの製作開始、
2㎜のスチレンペーパーを大量に購入、
750-6.jpg

まずは、平面形の検討、
一段上反角の翼と二段上反角の翼を製作することに、
一段上反角の翼は上反角効果を出すために
後退角を多めに付けてみよう、
上側と下側は少し大きさを変えて、
750-5.jpg

前縁部と後縁部をサンディング、
750-4.jpg

スパー位置は30%位か、
翼型はS4083もどき6%で?
マーキングして、スパーの張り付け、
750-3.jpg

2006. 10. 23  
日曜日、飛行会が終わった後、近所の喫茶店で早朝会議
1500クラスSALもマンネリ化、
変わったことをしようと話がまとまり

翼長750㎜SAL、翼材料はスチレンペーパーで簡単に作れる構造
平面形、操縦方式は自由、 
 
完成、勝負は2週間後、早速構想開始、
材料のスチレンペーパーを買いに行かねば、

みんなどんな機体を作って来るか楽しみ、
2006. 10. 18  
次世代エース、イブキ君の機体が親子喧嘩で前縁部破損、
工房に入院、まずは、破損状況を、
20061018160834.jpg

切開手術しないと治りそうもない、
20061018160955.jpg

20061018161016.jpg

コアを整形、エポキシ接着、
20061018161144.jpg

20061018161339.jpg

翼型を壊さぬようサンディング、
20061018161402.jpg

アルコールで周りをきれいに消毒し、
20061018161516.jpg

離型用ラッピングフィルムの上に樹脂を含侵した
マイクログラスをのせ、
20061018161643.jpg

マスキングテープで押さえて硬化待ち、
明日には修理完了、
20061018161857.jpg

親子喧嘩はしないでね。
2006. 10. 17  
フルカーボン機エレベーターのフラッターは取り替え、
改造でなんとか止まったが、今度はエルロンが、
ベアリング入りのサーボのせいか軸に少しガタが、
あり合わせのサーボを使うのは、もうやめよう、
ガタのないハイスピード、ハイトルクのサーボに
取り替え工事、
20061017151554.jpg

高度勝負の機体、これで、フルパワーで投げても大丈夫か、
2006. 10. 15  
秋、快晴、順風と来れば、ヨットハーバー、
ハーバーから出たところで、
西宮浜マリンフェスタ2006(10月29日開催)イベントのJ24クラス、Dragonクラスのレースが行われていた、
PICT0943.jpg

40年以上前のデザインながらその美しさは際だっている、
同時に行われているJ24クラス、
この船は若かりし頃、世界選手権で戦ったクラス、
未だにクラスレースが行われているのはうれしい限り、
血が騒ぐがとても乗れそうにないので、
過去の栄光に浸りつつ、観るだけに、
帰りに、芦屋浜埋め立て地でラジコン飛行機が飛んでいるのを
たまに見かけるので、飛行場所探索に、
丁度ヘリを準備している人発見、
知らない人に声をかけ、取り入るのはクルーAの仕事だが、
あいにく今日は欠席、
造り笑顔で「こんにちは、」色々情報収集、
20~30人ぐらいグループでクラブを創っているらしい、
ちょこっと出かけて手軽に飛ばすのは無理かも、
文句言われず飛ばせる新天地を求め、さすらいの日々は続く。
2006. 10. 14  
我が工房にDL-AⅡの翼が舞い込んだ、
静岡大会の景品でゲットしたものだ、
左右接合とエルロンの切り出しをご指導、
この際、この翼の子細を研究致しましょう、

なるほど、こんな形状か、、、 ̄ー ̄)ゞ フフッ

真剣に作業中、がんばって、
DL1.jpg

2006. 10. 12  
フルカーボン機の初飛行、
重心も手頃な位置にあるので、このままで、
エレベーターがフルフライングのせいか利きすぎで落ち着きません、
舵角とエクスポを調整しようやく落ち着きました、
投げた時の感覚は、適度に重量を感じるのと抵抗感のなさ、
スーと飛び出します、
パワーのある人が投げると、どこまで揚がるやら、
翼面加重(12g)があるので機速は早め、
いつものようにふわふわ飛ばせません、
翼面加重9g台の機体とはかなり操縦感覚が違います、
練習しなくては、
sPA080003.jpeg

sPA080001.jpeg

強度テストでパワーランチャーY氏に投げてもらったところ、
エレベーターが強烈にフラッター、
見事に壊れました、
舵が利いたので無事回収、
20061012144308.jpg

20061012144322.jpg

フラッターの原因は、多分リンゲージ糸のゆるみと思われますが、
形状、翼型でも起きるのではっきりしたことは解りません、
操縦感覚もいまいちなので、少し大きめで作り替えることに、

作り替えたエレベーター、重量が1g増えた、ゞ(+ヘ+)``アカン、、、
20061012144920.jpg

壊れた尾翼を取り外し、
20061012144932.jpg

新しい尾翼を装着、
20061012144942.jpg

後ろで1g増えたと言うことは前に3g重りが、、、合計4gの増加、
どうなることか、
2006. 10. 11  
フルカーボン機製作最終仕上げ、
今回のメカは、受信機HP-DSP6FS-72、サーボはW-068PBとフタバS3108
いつものように耳を切って押し込みます、
20061011144805.jpg

エレベーターリンゲージは糸引きで、、
K0.jpg

ラダーも同じく糸引きで、
後ろの重量は0.1gでも少なく仕上げます、
20061013183112.jpg

エルロンは2.8mmのカーボンロットでストレートに、
20061013183226.jpg

こんな感じで仕上がりました、
20061013183316.jpg

20061013183351.jpg

20061013183421.jpg

かっこいい
2006. 10. 10  
エルロンの切り出し、
黒いので位置がわかりにくいためマスキングテープで位置だし、
固いので一回で切ろうとせず何度かに分けて切り出す、
20061010161618.jpg

スケールは裏にスポンジが貼ってある、
20061010161628.jpg

裏ヒンジなので上面にスリットが来る、
20061010161637.jpg

2006. 10. 09  
KMA/JRGAサーマル大会に出場してきました、
エントリーはハンドランチクラスとオープンクラス、
オープンクラスにエントリーするため機体の整備、
今回、自作J機は共同製作者がパイロット、
20061009155522.jpg

私は、バーゲンで仕入れたバードオブタイム、
こんな機体でええんかいな?
更なる軽量化をめざしてフィルムを前の週に張り替え1020g
風が強いため20gの重りと賽銭代わりの小銭を詰め込み
いざ出陣、
20061009155644.jpg

結果は定点に遙かに届かず4位、

注目の機体、
20061009181556.jpg

20061009181541.jpg

20061009181529.jpg


ハンドランチクラスは、代投していただいたパワーランチャーYさんのお陰と運にも恵まれ第1位、、、ヾ(*^。^*)ノ
今回使用の機体、強風の中、頑張りました。
こちらに関連記事が
http://www.geocities.jp/sailplane2006_3/index.htm
20061010161418.jpg

2006. 10. 07  
尾翼の製作に取りかかる、
20061007140606.jpg

20061007140618.jpg

20061007140635.jpg

あわせて9.8g設計重量をクリアー、
20061007140647.jpg

可動部を埋め込んで、
作業は100均で仕入れたスチレンボードの上で、
こうしないと傷が付く、
20061007140755.jpg

スムースに動く、、
完成は間近だ。
2006. 10. 06  
このブログの趣旨とはかけ離れますが、
どうしても黙っていられず筆をとりました、
皆さん、障害者自立支援法と言う法律が出来たのをご存じですか、
この春、上記法律が施行され秋より段階的に実施に移されています、
厚生労働省の役人は、障害者の自立を支援するための法律だと言ってますが、どう見ても障害者自滅支援法としか思えません、マキャベリーの言葉にどんな悪法でも出来たときにはそれなりに必然性があったと言ってますが、この法律に関してはどう考えてもそう思えません、自己責任、自助努力が求められる世の中ですが、身体障害、知的障害を持って生まれてきた人にとってはなかなか困難な事です、障害を持って生まれてきたことに何の罪もありません、自助努力しようにも出来ないのです、千分の一、万分の一、かも知れませんが必ず一定の割合で障害を持って生まれて来る人はいるのです、この人たちの生きていく道に考えが及ばない美しい国とはどう言う国なんでしょうか。

この法律では支援サービスを受けるには応分の負担をすべきである、とのことですがこの考え方は障害者福祉にはなじまないと思います、なにも、快適な生活を求めているのではなく、最低限の生活を維持するのに必用な支援であるにもかかわらずである。
重度の障害者にとってはより多くの支援を必要としますが支援を受けるサービスが多くなればなるほど負担も増えます、このことを役人はどう考えているのでしょう、
予算がない、返しきれないほどの借金が何百兆円もある、だから出来ない、などとのたまうが、各省にぶら下がっている各種団体を整理しろと言いたい、借金をここまで作り上げた張本人たちは何の責任もとらず何億何千万もの退職金を手にし左団扇の老後、(`Д´)ξ

重度の障害を持っておられる方の傷害年金の額をご存じですか、なんと月額6万~8万円程度です、この法律では、その中から作業所(日中活動の場)へ通うことだけをとっても生活保護所帯を除き月額12,600円~42,300円の負担となります、年収約80万で約10万円の負担をどう思われますか、知的障害者にとって働く場、収入を得る環境はは無いに等しい現実をどうすればいいか、障害を持つ子供と親たちの切実な声に耳を傾けて下さい、親無き後はどうなるか、傷害者本人は今後どうなるか、この不安に我々はどう答えればいいのでしょう。

今日TVの国会中継で障害者自立支援法についての質問がありました、安倍総理は多分、役人の用意したであろう答弁を述べるだけで終わりました、ご自身とは全く違う世界の出来事なのかも知れませんが、どうかすべての国民がこの国に生まれて良かったと思える国にして下さることを願ってやみません。
2006. 10. 05  
ポットの主翼取付部が硬化した、
20061005092133.jpg

裏は、
20061005092143.jpg

ワックス処理のせいで簡単にはずれる、
20061005092152.jpg

はみ出した、よけいなカーボンを削り取り完成、
硬化したカーボンは手を切りやすいので慎重に、
20061005092202.jpg

今回は、主翼取付ナットを樹脂作業の時に埋め込んでみた、
ビスが引っ付いてしまわないか心配したが簡単にはずれた、
2006. 10. 04  
主翼接合完了後、ポットとの接合、
慎重に位置決めし、
K6.jpg

翼の裏に離型用梱包テープを張る、念のためワックス処理も、
K8.jpg

カーボンクロスに樹脂を塗りつけます、
取付ビスが来るところは厚めに、
K9.jpg

ポットを置いて硬化待ち、
K10.jpg

2006. 10. 03  
いよいよ主翼接合に、
じゃまになるのでいつも最後の作業にしている、
上反角は、6.5度とする、
20061013181720.jpg

取付ビス穴は1cm角のバルサ補強、
20061013181732.jpg

接着剤を塗りこんで、
20061013181746.jpg

ねじれの無いよう慎重に角度あわせをし、硬化待ち、
20061013181755.jpg

2006. 10. 02  
水平尾翼の台座製作、
昨日樹脂成形したカーボンが硬化、
10mm幅に成型し、可動部に引き出しの隅に転がっていた真鍮パイプにピアノ線を差し込み接着、中央部のパイプが空回りします、
重量は1,1g、バルサ製と重さは変わらない、、
うまく動いてね。
20061002162801.jpg

20061002163223.jpg

2006. 10. 01  
朝から小雨、飛行機を飛ばすこともままならず、
尾翼の製作に取りかかる、
デザインは、SG2.2005バージョン、
フライング.スタビライザー、
コアの整形から、
ラダーの格好は天津甘栗、
20061001182324.jpg

フィルムにワックスを、
20061001182339.jpg

0.3mmのアルミ板で尾翼受けの型を、
20061001182350.jpg

カーボン繊維の端切れをかき集めエポキシ整形、
洗濯ハサミ責めだ、、
20061001182407.jpg

バキュームパックで作業完了、2~3日置いておく。
20061001182422.jpg

プロフィール

wizard2525

Author:wizard2525
RC飛行機製作所へようこそ!
ラジコン飛行機に興味を持たれた方大歓迎、
お問い合わせ、ご質問、お待ちしています。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。