--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007. 07. 31  
グライダー(ハンドランチ)の重量について考えてみました、
巷では機体重量は飛行にあまり影響しないとの説が有るようです、
確かに、飛行距離を延ばすには、有る程度の重量は必要ですし、
実機グライダーはそのために水を積み込むぐらいです、
しかし、ハンドランチに当てはめると少し違うように思います、
競うのは距離ではなく滞空時間だからです、
強い風が吹く中で飛行させると、重い機体の方が暴れず操縦しやすいのは確かです、それでは、軽い機体はどうかと言うとセッティングしだいで操縦可能です、
本に書いてあることやネットの情報を鵜呑みにせず、
まず試してみることに、

実験に使用する機体、同型機2機作成しました、
6月完成の機体、
飛行重量244gのヘビー級
翼面積23C㎡、翼面加重10,60g
07.07.31.5.jpg

07.07.31.6.jpg

7月完成の機体、
飛行重量202gの軽量機
翼面積23C㎡、翼面加重8.82g
軽量機は重量による慣性力が劣るため摩擦抵抗、その他の抵抗を減らす努力を出来るだけしてみました、
07.07.31.17.jpg

スーパーライト級、でも強度は充分に出ています、まだまだ軽く作ることは可能です、
07.07.31.16.jpg

メカは、受信機ダイアモンド4ch、5g、電池500mAリポ、サーボ1002×4
ダイアモンドの受信機は知り合いが輸入しました、
バーグ受信機と同じ受信方式みたいです、
送信機はフタバFF9のためミキシングをフルに使いセッティング、
充分使用可能です、
07.07.31.8.jpg

抵抗を減らすため、エルロンロットの出口を工夫しました、
07.07.31.9.jpg

尾翼もお化粧を施し、台座及び取付部分にも気を配り、
07.07.31.12.jpg

こんな感じに、
07.07.31.7.jpg

07.07.31.2.jpg

A氏にトライアルホースになって貰い実験してみます。
スポンサーサイト
2007. 07. 28  
6サーボ機、甦りました、
Y青年の強度テストにも合格、
07.07.28.2.jpg

主翼はカーボン補強、
07.07.28.5.jpg

ポットはロービング補強、
07.07.28.4.jpg

パイプはカットした残りを被せて接着、
07.07.28.3.jpg

増加した重量は、5g、
07.07.28.1.jpg

飛行性能はほとんど変化無し、
まるでラダー機、小さい旋回にも高度損失しません、
但し、悲しいことに244gの重さで二段上反角の機体は、
自分には高度が取れません、
そこで、この機体を売却することにしました、
関西方面の方で、ご希望の方はメールください、
テスト飛行させ納得された上でお求めください、
価格は、使用メカ代+α
仕様、
受信機クラフト8ch
サーボ、タマゾー1002×6
電池、クラフト500mmA
2007. 07. 19  
7月12日完成の新作機が調整中、
フルランチに耐えきれずパイプが折れ、
大破≡(*o*)アレェェェェェ
最近パワーが上がって来たのか("▽"*)アヒョ
かなりの性能だったのに、
短い命でした(/TДT)/あうぅ、
07.07.19.7.jpg

主翼クロス剥離、
07.07.19.6.jpg

ランチ時、パイプが折れ、
07.07.19.4.jpg

墜落時、ポットが折れ、
07.07.19.5.jpg

今後の対策、
①廃棄、
②主翼のみ残し作り替え、
③このまま修復、
とりあえず修復の参考資料として、現在重量測定
07.07.19.3.jpg

07.07.19.2.jpg

07.07.19.1.jpg

ショックから立ち直ったら修理しましょ。
2007. 07. 14  
記念すべき自作ハンドランチグライダー第40号機、
6サーボ機が完成、
サンワ杯にはどうしても間に合わせる意気込みで作りましたが、
台風接近で中止、、、

折角なので完成写真を公開、
2段上反角が美しい、
07.07.13.12.jpg

07.07.13.11.jpg

07.07.13.10.jpg

後ろから、
07.07.13.9.jpg

ラダー機の性格を持たせるためラダーはハイアスペクトで大きめ、
エルロンの舵角は最小限、
07.07.13.8.jpg

翼端エルロン取付部、
07.07.13.7.jpg

ペグは2mmカーボンプレート、バルサ巻き、
07.07.13.6.jpg

今回のポットはサーボに合わせ少しスリムに、
07.07.13.5.jpg

搭載メカは、電池リポ500mm、受信機クラフト8ch、サーボ1002×6
ギリギリです、
07.07.13.4.jpg

飛行重量(重心位置は少し前より、電池の大きさで調整します)
07.07.13.3.jpg

主翼取付部、裏面、
07.07.13.2.jpg

全体、
翼面積23d、翼型Ag45系、重量240g、翼面加重10.43g
07.07.13.1.jpg

この機体の狙い、
旋回時、2段上反角の効果で沈み込みを抑える、
翼端エルロンにすることにより翼型の変化を最小限にする、
マイナス面は、
大きな上反角によるランチ高度の低下、
上反角部補強及び翼端サーボによる重量増、
かかってらっしゃい、Aさん、
2007. 07. 14  
台風4号が接近中、
気圧計の針がどんどん下がります、
07.07.14.1.jpg

あしたのサンワ杯も中止になりましたo(;△;)o、

朝からヨットハーバーでずぶ濡れになりながら
台風準備、後は勢力が弱まり直撃しないことを祈るのみ。
2007. 07. 11  
梅雨も終盤になって本格化、
連日、雨、、、

我が家の女性軍、ビリーズキャンプ入隊、
豚汁が飛び散っています(;;∴~Д~∴;;)…(汗)、

家を壊さないで┐(´~`;)┌ 

6サーボの主翼製作の続き、
樹脂が硬化したので、上半角の取付を、
中に埋め込んだコードを切らないよう慎重に、
07.07.11.jpg

角度はこんなもんかな?
07.07.11.8.jpg

中央接合し、全体の感じを、
07.07.11.7.jpg

07.07.11.6.jpg

07.07.11.5.jpg

サーボ配線を半田付け、
07.07.11.4.jpg

07.07.11.3.jpg

中央は、
07.07.11.2.jpg

作動確認をしたところ、
う、う、動かない、、、
テスターで順番にチェック、
どうやら、サーボー取付穴をあけるときにカット??
再度、半田付けを施し、
完了、
07.07.11.1.jpg

現在重量、133g
2007. 07. 07  
主翼のパッキング、
重量を押さえるために、マイクログラス貼り、
樹脂を塗り込み、
07.07.06.7.jpg

余分な樹脂の吸い取り作業、
07.07.06.6.jpg

フィルムよりはみ出たクロスをカット、
07.07.06.5.jpg

コアの上に樹脂を塗り込み、
07.07.06.4.jpg

コアの上にそっと置き、
07.07.06.3.jpg

ゴミ袋&キッチンペーパーで製作したブリーザーで包み、
07.07.06.2.jpg

バキュームパックでパッキング、
07.07.06.1.jpg

2007. 07. 06  
先日の失敗から立ち直り、
新作機の製作、

今度は、エルロン、フラップ別作動、
6サーボ仕様、
2段上反角、

重量管理を厳格に、
3芯コード(片翼3.3g)
サーボ(4.7g)を埋め込み作業、
07.07.06.12.jpg

07.07.06.11.jpg

軽量パテで修正を施し、
07.07.06.9.jpg

補強のカーボンを77で張り付け下地完了、
07.07.06.8.jpg

後は楽しい楽しい樹脂作業“o(><)o”くう~!
プロフィール

wizard2525

Author:wizard2525
RC飛行機製作所へようこそ!
ラジコン飛行機に興味を持たれた方大歓迎、
お問い合わせ、ご質問、お待ちしています。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。