--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. 05. 28  
頼まれた機体制作ばかりで
飛ばせる自分の機体がありません、
お気に入りの機体もこのとおり、

P5280013.jpg

早く作れと、、、矢の催促なので
修理と同時並行で制作しようかな、

オーダーされているのはBM-X
4年前の設計ですがなぜかよく飛ぶお気に入り、
試合で使う一番機もこの機体、
リリースフィルムも新しくして失敗しないよう作りましょ。

P5280012.jpg
スポンサーサイト
2011. 05. 23  
作業もホーンを付けるのを残し
もう少しで、完成

急いで作った今回の機体、
(10日間で完成)
手直しや失敗ばかり、
飛行性能には影響無いところばかりですが
悔いが残ります、

P5230008.jpg  P5230010.jpg

P5230009.jpg  P5230011.jpg

ちょうど良い重さに仕上がりました、

P5230007.jpg 

次は完璧な機体制作を目指すぞ。
2011. 05. 20  
ポットの制作、

J.Wに色は何色が良いと聞いたところ、

「赤色、明るい赤にしてくれ」

明るい赤って????

娘に「明るい赤ってどんなかね?」と聞いたところ、
外人の言う赤なんて赤系なら何でも赤よ、
太陽だって赤って言うもの、

妙に納得、
日本には、紅、朱、緋、丹、茜、他、、、、
微妙な色の違いを表現する言葉があるんですが、

悩んでもしょうがないので、
道路工事用カラーコーン色、
これも赤色といえなくもない、

P5180004.jpg

目立てば良いんでしょ!

2011. 05. 19  
尾翼制作しましたが、
重すぎ

P5180002.jpg

仕方ないので、作り替え、
Only left handedなので他に流用することも出来ません、

P5180001.jpg

なんとか使える重量に仕上がりました、
それにしても今回の機体制作、作り替えが多すぎ、

P5190005.jpg  P5190006.jpg
2011. 05. 15  
F3K世界戦応援、敵に塩プロジェクト開始、

世界戦でBM-Xを使いたいので
制作して欲しいと注文が入りました、

認められるのも悪い気がしないのでOKの返事、

ゴメンね小川さん、

六月中にはNZまで届くように大至急で制作開始、

主翼が本日形になりました、
作るのは、BM-15、
ライトコンディションで使いたいそうなので
そこそこ軽量に作りましょう、

P5150001.jpg  P5150002.jpg

左翼                  右翼

P5150004.jpg  P5150005.jpg

レフティーなのでペグも左利き専用、

P5150003.jpg

どうなることやら、楽しみです。
2011. 05. 13  
急な事情が出来てminiの完成を急ぎます、

リンゲージはサーボに負担の掛かる
糸引きトーションバー止めて0.5mmカーボンロッドと
なんとかチューブ、
P5120001.jpg 

ロッドエンドの処理を色々考えましたが簡単、確実な方法
アラミド繊維で縛って瞬間接着で済ませました、軽量です、
作動もまったく問題ありません、

P5120002.jpg

サーボ側も同じ方法、

P5120003.jpg

ホーンはポット形状に合わせ曲げています、

P5120004.jpg

軽く色づけし完成、

P5130005.jpg  P5130006.jpg

P5130007.jpg  P5130008.jpg

P5130010.jpg

早速テスト飛行、5~6mの風が吹いていますが
問題なく飛びます、

性能、、、良いかも、
ウフフフフ。
2011. 05. 07  
ミニサルを制作していますが、
情報収集と部品調達をかね、
クラフトるうむへ、

性能がものすごい勢いで進化していました、
とても、60mmの機体とは思えない飛び、

このままバルサ製で作ってもとてもかなわないので
直貼り方式に方針変更、

平面型は矩形に近い形にし、翼型は、Ag系から選びました、

大きく違うところは、上反角の付け方、
無段上反角です

最初にバギングに使用するスロープ台を
あり合わせの材料で制作、
手前の翼はバルサで作った翼、6度の上反角がついています

P5050001.jpg  P5050002.jpg

コア材です、             翼型はAg系です、

P5050003.jpg  P5050004.jpg

P5050005.jpg

バギング終わりました、
使用したカーボンはクラフトるーむがメーカーに
わがまま言いまくって作らせた高品質、軽量繊維です、
平たくした繊維で編まれているせいで厚みが最小限に抑えられています、
これによりバギングする際ローラー掛けは不要、
段差はほとんどでません、
薄いので樹脂のしみこみも良好です、
まさに、ハンドランチ製作専用のクロスみたいです。
普通のクロスより割高ですがこのクロスに勝るクロスは
今のところお目にかかれません、

P5070006.jpg P5070008.jpg

Oさん、重量はこんなものございます、エヘヘ、

P5070009.jpg




2011. 05. 02  
連休中は、如何お過ごし?

どこに行くにも停滞、人混み、出掛ける気になないし、、、

一昔前なら、この時期ヨットレースに入れ込んでいたのですが、
今年、30年以上、我が艇に乗ってくれていた友人が他界、
一緒に苦楽をともにした日々、
白波沸き立つ荒れた海、
夏の太陽きらめく海、
様々な思い出がよみがえり、
辛くて海にでる気になれません、

F3K応援プロジェクトの3機も送り出し、一段落したので
懸案のミニサルの制作に取りかかることにしました、
ライバルは、くらふとルームこの人この人
同じ作りも芸がないので
しばらく試行錯誤してみます、

試作、第一号、バルサリブ組フルプランク、
いつものごとく、簡単な図面らしきものをスケッチし

P5020001.jpg

1,5mmバルサを平面に切り出し、後縁部は木目を変えて、

P5020002.jpg

320番で軽くサンディング、下面のプランク材は後ろ側を薄く研ぎ出して、

P5020003.jpg

スパーとリブを下面プランク材に貼り付け整形、
上の方が整形前、下が整形後、

P5020004.jpg

高粘度瞬間で貼り合わせ、

P5020005.jpg

前縁、後縁を整形、
ナンチャッテ翼型のできあがり、
ピンぼけ写真で変な翼型に見えますが、
ちゃんとしたかたち?ですョ、

P5020006.jpg  P5020007.jpg

現在重量、強度もそこそこあります、
後は中央接合後、マイクログラスで中央部とペグ側翼端を補強します、

P5020008.jpg

完成は、明日、、、多分、無理、




プロフィール

wizard2525

Author:wizard2525
RC飛行機製作所へようこそ!
ラジコン飛行機に興味を持たれた方大歓迎、
お問い合わせ、ご質問、お待ちしています。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。