--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006. 06. 27  
在庫一掃したので競技用の機体がなくなった、
かねてより構想していた機体の製作に取りかかることに、
私の場合、機体を製作するにあたり考える事は、
①自分の体力を考え(ハンドランチの場合、かなりの部分
 投げ上げる高度が問題となる)どれだけの翼面積にするか、
 翼型はどれにするか等を決める
 今までの機体データーで行くと、明らかに1500㎜より
 1400㎜の翼長の機体の方が高度、滞空時間が上である、
 翼長を限ると翼面積を稼ぐためアスペクト比を落とした
 平面型になる、ハイアスペクトの機体を製作してみたが
 重心レンジが狭く旋回時に高度を落とす事が多かったので
 今は、中庸のアスペクト比を採用している、
 機体重量は230gまでとする、最近製作の機体は200g前後の
 機体が主流、
20060522174546.jpg

②構造は自分のランチパワーでもつ限界に近づけた軽量
 構造とする、(手抜きとも言う)
③あとは、今まで採用したことのない何かを思いつけば
 即、製作開始、
今回の機体は、自分で投げる事は考えない代投専用機と
自分で投げる事の出きる限界の機体を同時製作、
代投専用機は25cdオーバーカーボン、アラミド仕様
静岡に嫁に行ったBlackMagicの発展型(ほんまかいな)
BlackMagicⅡとし、翼面加重は9g台をめざす、
もう一機は21,7cdマイクログラス超軽量機

コアの張り合わせ前に木口の摺り合わせ、
20060627160043.jpg

77を吹きつけ、張り合わせ、
20060627160120.jpg

翼端成型、この部分は性能に直結するので慎重に、
20060627160021.jpg

前縁部分に使用する68gのカーボンテープを製作、
77を軽く吹きつけ
20060627160959.jpg

マイクログラスを張り付ける、
20060627160948.jpg

20㎜幅にカット、
20060627160934.jpg

本日の作業はここまで、
NEXT Entry
3機まとめて
NEW Topics
BlackMajic-xx project 1
第4回蒼翔スプリングカップサーマルソアリング大会
尾翼の型製作
シリコン型製作
劣化
Comment
今回のコアについて
カットの方法を変えましたが、いかがでしょう?
前縁の仕上がり具合が良くなっているので、整形作業は無しでいけると思いますが・・・
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

wizard2525

Author:wizard2525
RC飛行機製作所へようこそ!
ラジコン飛行機に興味を持たれた方大歓迎、
お問い合わせ、ご質問、お待ちしています。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。