--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006. 09. 06  
昨日より取りかかった小梅の翼生地完成
明日の夕方からパッキング、
あり合わせの材料を使っているのでスパーは裏と表は
違う工法、表面はカーボンロット、
裏面はカーボンUDキュアシート、
20060906194408.jpg

尾翼も製作して一緒にパック、一度に完成だ、
20060906194519.jpg

NEXT Entry
小梅修理2
NEW Topics
BlackMajic-xx project 1
第4回蒼翔スプリングカップサーマルソアリング大会
尾翼の型製作
シリコン型製作
劣化
Comment
クリーム色
はじめまして北九州の渡辺(KOKURAです、色々と参考にさせてもらってます。
コアはカネライトフォームでしょうか?私も1種bのF1を使ってましたが時間経過と共にディンプルが出るんで、今回頑張って3種bのスライロエース2-HKというの探して現在バキューム直前位です。
コア
今回のコアはカネライトホームです、今まで何度も使用しましたが若干強度が落ちますが1400㎜の機体なので大丈夫、不都合なところはありません、
塗装仕上げの場合、直射日光は避けないとブツブツが出ることがありますが1000番位のスポンジヤスリできれいになります、
趣味の領域ですので何でも試されることをお薦めします。
塗装
やっぱりそうでしたか、もし有ればピンクのコアとかも使ってみたい所ですがこちらじゃ見かけませんね、あとグレーのやつなんかも無いです、通販ならグレーくらいは手に入りそうですがそこまでしようとは思ってません。
塗装ですが自分は最初コアに色を乗せてパックしてましたが今回フィルムの色を乗せる転写でしました、コアに乗せるより綺麗なんでこれからはこれで行こうと思ってますが色協会のにじみが気に成ってました堀内さんのを見る限りにじんで無いですよね、ポリカ用塗料のおかげかな?自分は最初コアに色を乗せてた関係で発泡スチロールにも使える(溶剤が非シンナー系)物を使ってます、これだと色の境界でエポキシにおかされにじんでたんですが、境界の所にクリアを吹く事で解決しましたがポリカ用だとにじみとかはないんでしょうか?
塗装
有機溶剤の入った塗料はエポキシに侵されません、但し、コアは侵しますので、修理には使えません
ラッカー(セルロース系)の塗料は軽量ですが直射日光等温度変化で簡単につぶつぶ状に膨れ上がりますしマスキングテープを貼ったりしたら、コアに密着していない部分の塗料も簡単にはがれます、
ポリカ(塩化ビニール系)及び2液性ウレタンの塗料ではそのようなことがありません、 
色分けは、最初に暗色をマスキングして塗ります、マスキングテープをはがすときは慎重に行わないとフィルムにかかったワックスで簡単にはがれます、次の色は明色をマスキングせずに吹き付けますテープなど貼ると塗料はワックスのせいで簡単にはがれます、
成功した作品みせてくださいね。 
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

wizard2525

Author:wizard2525
RC飛行機製作所へようこそ!
ラジコン飛行機に興味を持たれた方大歓迎、
お問い合わせ、ご質問、お待ちしています。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。