--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006. 02. 03  
先日製作した尾翼が重かったので材料、工法を変えて作り替えてみた
スタイロホーム、アラミド繊維をエポキシで直貼り
20060203142849.jpg

20060203142836.jpg

かなりエポキシをしごいたにもかかわらず軽量化ならず、
垂直5,8g(5.6g)
水平7,8g(7,2g)()内バルサ
機体の軽量化の鍵は尾翼重量にかかっている、
スチレンペーパー、(強度的に無理)
バルサ、ドープ紙張り(重い)
バルサ、絹張り(重い)
スタイロホーム、マイクログラス貼り(樹脂の使用量で
重量が大きく変わる)しごきすぎて剥離した、
色々試したがバルサフィルム貼りが強度、重量とも一番優れているかな
ローハセルとやらを手に入れ試したい、誰か入手方法を教えて、、
NEXT Entry
F3K主翼
NEW Topics
BlackMajic-xx project 1
第4回蒼翔スプリングカップサーマルソアリング大会
尾翼の型製作
シリコン型製作
劣化
Comment
尾翼材
ロハセルは色々バリエーションがありますが
一番低比重のもので3種BのXPS(要するに
スタイロEKやGK)とほぼ同比重です。
ただしセルが大きいのでエポキシで貼る際、樹脂が
多めに必要かと思います。また、熱線カットが
非常に難しい素材なので削りだしでコアを切り出す
必要があります。必要であれば購入代行します。

スタイロコア直貼りでもGFで樹脂量を最適化
できればAF貼りよりも10~15%程度は軽量化できるはずですが。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

wizard2525

Author:wizard2525
RC飛行機製作所へようこそ!
ラジコン飛行機に興味を持たれた方大歓迎、
お問い合わせ、ご質問、お待ちしています。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。