--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. 07. 02  
取り返し、後戻りの出来ない樹脂作業、

気合いを入れて、
準備万端整えて、

P7010013.jpg

カーボン繊維は樹脂が染み込みにくいので
フィルムに樹脂を軽く塗っておきます、

P7010014.jpg

カーボン繊維に上からも樹脂を塗り込み、

P7010015.jpg

アラミド繊維を型崩れしないようそっと置き、

P7010017.jpg

軽く樹脂を染み込ませたローラーで押さえます、
この時、新たな樹脂はほとんど足さず何回も
押さえて樹脂を広げていきます、
厚塗り厳禁、
後で樹脂を吸い取り事は考えず薄く、薄く塗り込みます、

P7010018.jpg

塗り終わった状態です、
ほとんどローラーに樹脂は残っていません、
ローラーにクロスが巻き付いたりするのは
樹脂が多すぎるときに起きます、

P7010019.jpg

テフロンローラーでクロスをつぶします、
画面下の方にフィルムが見え光っているのが見て取れます、
この光が見えなくなるまでクロスを潰します、

P7010020.jpg

大体つぶれましたが、まだ少しフィルムが見えるところがあります、
このままパックするとピンホールが出来ます、

P7010022.jpg

コアに貼った前縁カーボンとエルロンライン、後縁部に
樹脂を置きます、前縁部は一番最後に塗るとカーボンの接着が
剥がれずに済みます、

P7010024.jpg

樹脂作業が完了しましたが手にはほとんど樹脂がついていません、
そこら中に樹脂がベタベタに付いているのは使う樹脂が多すぎ、

P7010026.jpg

バキュームパックに入れ圧縮開始、

P7010028.jpg

本で重しを掛け反り防止、
この翼は、読書家です、

P7010030.jpg

後は硬化するまで見ることができません、
神頼みです、

樹脂作業の手順を簡単に説明しましたが
この通りにして剥離等が起き失敗されても
当方は一切責任を負いません、
失敗は成功のはは、は、は、、、
NEXT Entry
BM-15を作る、4
NEW Topics
BlackMajic-xx project 1
第4回蒼翔スプリングカップサーマルソアリング大会
尾翼の型製作
シリコン型製作
劣化
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

wizard2525

Author:wizard2525
RC飛行機製作所へようこそ!
ラジコン飛行機に興味を持たれた方大歓迎、
お問い合わせ、ご質問、お待ちしています。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。